P-COD-6.5,/megaphone3909936.html,ガーデン・DIY・工具 , DIY・工具 , 電動工具本体 , 穴あけ・締付工具 , 電動ドリル・ドライバードリル,875円,6.5mm※取寄せ品,ourvisitingcard.com,パック入,コバルト正宗ドリル,ISF(イシハシ精工) 875円 ISF(イシハシ精工) パック入 コバルト正宗ドリル 6.5mm※取寄せ品 P-COD-6.5 ガーデン・DIY・工具 DIY・工具 電動工具本体 穴あけ・締付工具 電動ドリル・ドライバードリル ISF イシハシ精工 パック入 6.5mm※取寄せ品 コバルト正宗ドリル P-COD-6.5 ショップ ISF イシハシ精工 パック入 6.5mm※取寄せ品 コバルト正宗ドリル P-COD-6.5 ショップ P-COD-6.5,/megaphone3909936.html,ガーデン・DIY・工具 , DIY・工具 , 電動工具本体 , 穴あけ・締付工具 , 電動ドリル・ドライバードリル,875円,6.5mm※取寄せ品,ourvisitingcard.com,パック入,コバルト正宗ドリル,ISF(イシハシ精工) 875円 ISF(イシハシ精工) パック入 コバルト正宗ドリル 6.5mm※取寄せ品 P-COD-6.5 ガーデン・DIY・工具 DIY・工具 電動工具本体 穴あけ・締付工具 電動ドリル・ドライバードリル

ISF イシハシ精工 パック入 6.5mm※取寄せ品 コバルト正宗ドリル 記念日 P-COD-6.5 ショップ

ISF(イシハシ精工) パック入 コバルト正宗ドリル 6.5mm※取寄せ品 P-COD-6.5

875円

ISF(イシハシ精工) パック入 コバルト正宗ドリル 6.5mm※取寄せ品 P-COD-6.5



特徴
高コバルト系ハイス(HSCO-M42)を母材とし、ステンレス、難削材に最適です。
ステンレス鋼、チタン合金硬鋼などの難削材を問題にしない切れ味のドリルです。
先端部シャープな尖鋭の切刃になっており、完全な求心性と2倍以上の食い込み早さで素晴らしい切削性を発揮します。

仕様
有効加工深さ:3D(刃径×3倍)
刃径(mm):6.5
溝長(mm):73.0
全長(mm):105.0
シャンク径(mm):6.5
質量(g):26

用途
被削材:ステンレス鋼、難削材、合金鋼、一般鋼、軟鋼。

材質/仕上
コバルト高速度鋼(HSCO-M42)
生産国 日本

※商品画像はイメージです。

※こちらの商品はメーカー取寄せ品になります。納期は3~4日となります。

ISF(イシハシ精工) パック入 コバルト正宗ドリル 6.5mm※取寄せ品 P-COD-6.5

  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【風力発電の基礎シリーズ(9)】
2012年8月配信
1.中・大型風力発電機による系統連結方式の実際と将来像
系統連系方式といっても無制限に電力系統に流し込めるわけではなく、風車の発電量は風の強弱によって変化するため、このような変動電源を、既存の電力網に大量に受け入れるために、各国では送電網の方で工夫をしています。
例えば風力発電王国デンマークは、送電系統への貫入率(風車電力/電力系統容量)が平均で18%(夜間は50%超)と世界一高いのですが、これはデンマークの送電網がノルウェーやスウェーデンとつながり、スカンジナビア半島の豊富な水力発電により負荷調整ができるからです。また、スペインでは、70%以上の国内風車が遠隔監視装置を経由して中央給電司令室につながっており、風力電力の貫入率や電圧などの変動をチェックして、送電網の安定性を維持しています。また、コンピューターによる気象予測を基に、風力発電所の翌週~翌日の発電量予測を行い、それに応じて予備電源を準備する運用も行われています。